Loading

wait a moment

ご存知ですか?ヘアカラー、ヘアマニキュア、カラートリートメントの違い

白髪を発見!染めるには何を使えばいいの?

どんなにおしゃれをしても、髪に白髪が混じっていては台無しになってしまいますね。白髪ができると染めるしか対処法はありません。

白髪染めをする方法には、ヘアカラーやヘアマニキュア、カラートリートメントなどがあります。それぞれの違いを簡単に説明すると、ヘアカラーは髪の表面を覆うキューティクルを開けてメラニン色素を抜き染料を浸透させて染めるもの、ヘアマニキュアは髪の表面に色をつけるもの、カラートリートメントは髪の表面に吸着した色素が何度か使用するうちに蓄積・浸透して染まるものです。

それぞれ、メリット・デメリットがあります。次に詳しく見ていきましょう。

それぞれのメリット・デメリットとは

ヘアカラーはしっかり色がつき、色持ちが良い傾向にあります。しかし髪へのダメージは大きく、頭皮へも刺激となることが多いです。セルフカラーする場合は、床や肌に付くと落ちにくいため面倒な下準備や後片付けなどが必要となります。

ヘアマニキュアは色が豊富にそろっており、髪の表面につけるのでつやつやした手触りとなり、髪へのダメージもあまりないのがメリットです。しかし洗髪のたびに色が落ちていき、色持ちはよくありません。地肌につくと落ちにくいので塗る時は頭皮につかないようにする必要があり、根元まできれいに染めるのは難しい側面があります。

カラートリートメントは手軽に使用することができ、髪や頭皮に優しいのが特徴です。また美髪成分が配合されて髪がきれいになる効果も期待できます。しかし色が定着するまでに3回~4回ほどかかり、色落ちが早いので定期的に使用する必要があります。

それぞれの違いを理解して、状況に合わせて選ぶといいでしょう。

品川美容外科の死亡について調べる