Loading

wait a moment

痩せたいけど食べたい!気になる糖質・脂質を抑える方法

糖質を摂る前に、ブロッコリーやトマトを食べよう!

パンや白米、お菓子など、太るのを気にして食べるのを我慢している人もいるのではないでしょうか。

けれども糖質も、大切な栄養成分です。エネルギーに変わる成分は、生きていくためには必要です。怪我などの回復のためにも、適度な糖質摂取が大切だと言われています。

糖質が多めの食品は、こんな工夫をすることで体内吸収を抑えることができます。その方法は、ブロッコリーやトマトを先に食べるというもの。

最も危険なのは、空腹な状態で白ごはんをパクパク食べてしまうことです。この食べ方は、一気に血糖値を上げてしまいます。

けれども先にまずブロッコリーやトマトを食べれば、少しは空腹感もおさまりますよね。そしてゆっくり白ごはんを食べれば、糖分の体内吸収も抑制できてぷくぷく体型になるリスクも減るのです。

食事の際は、野菜やお味噌汁から食べるようにしましょう。

カレーライスはこう食べよう!

パクパクごはんを食べてしまうカレーライスは、糖質も脂質も多めでダイエットには不適切な食べ物だとされています。

けれどもそんなカレーライスも、作り方や食べ方次第でそこまで心配することはないのです。

まずカレーを作る際には、ルーやお肉、野菜の選び方に注意しましょう。油分の少ないルーを使い、お肉はチキンカレーにすることでカロリーを減らせます。牛や豚も脂身が少ないものを使いたいものです。そして野菜は、糖質の高いじゃがいもに変えて茄子やパプリカを使うと良いですね。

出来上がったカレーは、まずは野菜から食べるのが鉄則です。白ごはんではなく玄米カレーにすることでも、糖質をかなり抑えることができます。

カレーのスパイスには代謝促進効果もあるので、賢く食べてダイエットに活かしましょう。

品川美容外科の2chについて調べる